AGA治療人気ランキング

なぜハゲるのか

まずハゲとは加齢、疾病および投薬の副作用、火傷、遺伝的要因などにより髪の毛が薄い、もしくは全くない頭部などを指します。
 
主に、タンパク質不足、男性ホルモンの増加、血管の収縮が原因で髪や毛根が栄養不足で死んで毛が抜け落ちていってしまいます。

 

 

タンパク質不足

髪の毛はタンパク質によって形成されているので、タンパク質が不足すると髪にあまり良くないです。
ビタミンをとる事によりタンパク質の代謝が上がり髪にとても良いです。
だからと言ってタンパク質をとりすぎても効果が無いのでバランスの良い食事をすると良いと思います。

 

男性ホルモンの増加

男性ホルモンが増加すると抜け毛が多くなる理由は男性ホルモンのテストステロンという物質が体内で化学反応を起こし、脱毛ホルモンを生み出してしまうからです
男性ホルモンが増える原因としては、睡眠不測があります。
睡眠不測によって脱毛ホルモンが形成されハゲてしまうので、しっかり睡眠を毎日とる事が良いでしょう。

 

血管の収縮

髪に栄養を送っているのは血液です。血液が血管を通って、髪に栄養を送っていますがその血管が収縮されてしまうと髪に届く栄養が少なくなってしまいます。
そのままの状態が続くと当然髪の毛根が死んでしまいます。
分かり安く例えるとお花に水を上げないと枯れてしまうのと同じ事ですね。喫煙、ストレス、肥満、冷えも血管が収縮してしまう原因になるので気をつけてください。

 

シャンプー

シャンプーはアルカリ性の洗浄力の強いものを使うより自然成分のものを使う事をおすすめします。
理由としてははアルカリ性の強いシャンプーを使ってしまうと洗浄力が強く、頭皮に必要な脂まで洗い流してしまうからです。